医師募集の求人情報は毎日チェックをするのが正解

医師免許を持っているのに

医師免許を持っているのに / 都内の小児科の求人を探した / 転職して良かった

医師免許を持っているのに医療職に就いていないことを不思議がられることがたびたびありました。
自分では好きなことをしているだけという認識なのですが、高収入が得られる資格なのにもったいないという意見です。
実は医大を卒業し医師免許を取得した後に、一時期は青年海外協力隊に参加して、主にアジアやアフリカなどの開発途上国で現地の医療スタッフとともに活動しており、帰国後も児童福祉関係のNPO法人で保護者からの虐待を受けた児童や、貧困児童などのケアにあたっていました。
もともと収入を得たいとか名誉を得たいなどという欲求はあまり大きくはなく、どちらかと言えば人と触れ合って役に立ち感謝されることが好きなために、ボランティア活動への関心が高かったのです。
東日本大震災でも現地に急行してボランティア医療スタッフとして救助活動に参加していました。
そのような生活をしていたのですが、転機があったのは3年前です。
活動を通じて知り合った女性と結婚することとなり、安定した収入と生活の拠点を持つことが必要となったのです。
同時に子供も生まれることになったため、月の収入が10万円に満たなかった状況ではさすがにこれからの生活を維持することが困難だと感じたために、本格的に医師として勤務するために求人情報を確認することとしたのです。
専門は小児科でしたので、東京都内のクリニックを中心に募集案件を探すこととしました。